健康宣言

九州マツダは、従業員とその家族の心と身体の健康を、企業活動を行う上で重要な基盤と捉え、
組織的に健康維持・増進活動に対する積極的な支援と安全で健康的な職場づくりを推進するとともに、
「思いやり」の精神の下、従業員一人ひとりが、安心して、明るく活き活きと誇りを持って働き続けられる会社を目指します。

 

健康管理方針

目的

当社は、「九州マツダ健康宣言」に基づき、従業員とその家族の心身の健康保持・増進と健康で快適な職場環境の形成を目的として、健康管理についての方針を定めます。

 

体制

1)当社は、健康管理を推進・実施するため、代表取締役社長及び安全衛生推進責任者(専務取締役)を責任者とする健康経営推進チーム(安全衛生委員会メンバーで構成)を組織します。

2)健康経営推進チームは、健康管理に関して年間あるいは中期的な実施計画を定め、年間安全衛生活動計画と連携し、実施計画を推進します。

3)健康経営推進チームは、健康管理の実施状況について、定期的に安全衛生委員会(労使及び産業医)に報告します。

 

取組内容

従業員が自律的に健康保持・増進に取り組めるよう、積極的に支援します。

1.安全衛生推進者(店長・マネージャー)や健康推進担当者への研修を強化し、健康に対する意識・知識を高めます。

2.定期健康診断受診を100%実施します。
健康維持の基本として100%受診のため、従業員一人ひとりにきめ細かいフォローを実施します。

3.健康診断後のアフターフォローを充実させます。
診断結果を確認し、要治療&要注意社員に対して、再受診を強く促進し疾病の重篤化の防止に努めます。

4.時間外労働の削減を促進します。
仕事の平準化を推進することで時間外労働の削減に努めます。
半日有給休暇制度等の活用により社員一人ひとりのライフスタイルに合わせた休日取得を推進します。

5.ストレスチェックを100%実施する。
心の健康を保つため、また心の病の早期発見のため100%実施します。

6.職場のコミュニケーションを活性化し、職場環境の改善、メンタル不調者の早期発見・予防に努めます。

7.熱中症対策(飲料水配布等)を実施します。
屋内外とも、過度に暑い時は適度な水分補給を促進し、熱中症を予防します。
また、休憩も適宜取るようにし無理のない職場環境をつくります。

8.感染予防(インフルエンザ予防接種など)に向けた取組を実施します。
各種予防接種の実施を促進(予防接種費用の一部を会社から補助)します。またエリアで発生した感染症への啓発&予防活動を実施します。

9.受動喫煙防止推進による禁煙環境を広げます。
禁煙者への配慮を厳格とするために職場の分煙化、社用車の禁煙化を実施し、更に継続的に喫煙者への禁煙働きかけを行います。

健康づくり団体・事業所宣言

 

福岡県「ふくおか健康づくり団体・事業所宣言」に登録されました。

 


 

大切なあなたを守りたいから。

保険について

店休日