ペダルの踏み間違い事故が 多いのは、どの年代? ① 29歳以下 ② 40代③ 60代④ 70歳以上A.①29歳以下 ペダルの踏み間違いによる事故は 高齢者に特有のものではありません。 では、事故の原因は何だと思いますか? ヒトの習性によるもの(年齢/性別に関わらず起こりうる) ■頻繁なペダル操作に混乱する 駐車場や渋滞時にアクセルとブレーキを細かく踏みかえる ■右足の位置がズレる 駐車券や財布を取るために身体を捻る 駐車券を取る際などに、身体を捻る ことで右足の位置がズレ、ペダルを 踏み間違う恐れがあります。 加齢による身体能力の衰えから起こるもの ■反応速度の低下   ■身体の柔軟性低下 「危険な思いをさせたくない。」 マツダのクルマづくりへの徹底したこだわり ①自然に足を伸ばした位置にペダルを配置 →「内旋角」に余裕があるため、操作ミスが少ない。 ドライバーは、アクセルペダルからブレーキペダルに踏み替えるとき、右足を「内旋」させてブレーキペダルを踏んでいます。マツダは、自然に足を伸ばした位置にペダルを配置しているため、高齢者や身体をひねった状態でも「内旋角」に余裕があります。 「内旋角」とは… 自然に座った状態で、股関節とかかとを軸に 足を内側に回転させる角度を指します。 大きな内旋角でペダルを踏まなければならない場合、 高齢者や身体をひねって駐車する時に、より大きな負担になります。 自然に足を伸ばした位置にペダルを配置していると 内旋角が小さくなり、負担が少なくなります。 そのため、 「アクセルとブレーキの踏み間違い」を少なくできる と考えています。  ②かかとの位置がズレないオルガン式アクセルペダル →踏みかえ時に負担がかからず、操作ミスが少ない。 マツダのオルガン式アクセルペダルは 足首とペダルの動きが一致した スムーズな操作と長距離を走っても 足が疲れにくい効果を実現しています。  オルガン式アクセルペダルは足の動きとペダルの動きが 一致しているので、かかとの位置がズレません。 オルガン式アクセルペダルは足の動きとペダルの動きが 一致しているので、かかとの位置がズレません。 オルガン式ペダル  例)新世代商品群 吊り式ペダル  例)一般的なFF車  かかとの位置がズレないので、オルガン式アクセルペダルはアクセルから ブレーキへの踏み替え時に余計な負担がかからず、より自然に踏み替えることができます。オルガン式ペダル  例)新世代商品群 吊り式ペダル  例)一般的なFF車 「アクセルとブレーキの踏み間違い」の防止にも効果があります。 例えば、駐車時にペダルを踏み間違えた時 輪留めを乗り越えられないように エンジン出力を下げます。  それならば、クルマを完全に止めるために エンジン出力をゼロにした方がいいのでは?と 思われる人もいるかもしれません。  ■エンジン出力をゼロにした場合 踏切内を走行中、踏切のバーを 障害物と認知してしまった場合に、 エンジンがとまったらびっくりしますよね? 万が一に備えて遮断棒を押しのけて、脱出できるエンジン出力を確保してあげなければいけません。 ですからマツダは、エンジンをとめるのではなくエンジン出力を下げるのです。  ■輪留めを乗り越えられないように、エンジンの出力を下げること ■遮断棒を押しのけて、脱出できるようにエンジンの出力を確保してあげること 人の感覚に合った制御をするためには、 この2つを両立させることが鍵なんです。  マツダは、より多くのクルマ利用者が事故を起こすことから守るために、 人が正しく認知・判断・操作をできる技術と、 より多くの先進安全装備の全グレード標準化を推進します。   デミオからアテンザまで、どの車種をお選びいただいても、 同様の先進安全装備が付いてくる、またはお選びいただくことができます。

ペダルの踏み間違い事故が 多いのは、どの年代? ① 29歳以下 ② 40代③ 60代④ 70歳以上A.①29歳以下 ペダルの踏み間違いによる事故は 高齢者に特有のものではありません。 では、事故の原因は何だと思いますか? ヒトの習性によるもの(年齢/性別に関わらず起こりうる) ■頻繁なペダル操作に混乱する 駐車場や渋滞時にアクセルとブレーキを細かく踏みかえる ■右足の位置がズレる 駐車券や財布を取るために身体を捻る 駐車券を取る際などに、身体を捻る ことで右足の位置がズレ、ペダルを 踏み間違う恐れがあります。 加齢による身体能力の衰えから起こるもの ■反応速度の低下   ■身体の柔軟性低下 「危険な思いをさせたくない。」 マツダのクルマづくりへの徹底したこだわり ①自然に足を伸ばした位置にペダルを配置 →「内旋角」に余裕があるため、操作ミスが少ない。 ドライバーは、アクセルペダルからブレーキペダルに踏み替えるとき、右足を「内旋」させてブレーキペダルを踏んでいます。マツダは、自然に足を伸ばした位置にペダルを配置しているため、高齢者や身体をひねった状態でも「内旋角」に余裕があります。 「内旋角」とは… 自然に座った状態で、股関節とかかとを軸に 足を内側に回転させる角度を指します。 大きな内旋角でペダルを踏まなければならない場合、 高齢者や身体をひねって駐車する時に、より大きな負担になります。 自然に足を伸ばした位置にペダルを配置していると 内旋角が小さくなり、負担が少なくなります。 そのため、 「アクセルとブレーキの踏み間違い」を少なくできる と考えています。  ②かかとの位置がズレないオルガン式アクセルペダル →踏みかえ時に負担がかからず、操作ミスが少ない。 マツダのオルガン式アクセルペダルは 足首とペダルの動きが一致した スムーズな操作と長距離を走っても 足が疲れにくい効果を実現しています。  オルガン式アクセルペダルは足の動きとペダルの動きが 一致しているので、かかとの位置がズレません。 オルガン式アクセルペダルは足の動きとペダルの動きが 一致しているので、かかとの位置がズレません。 オルガン式ペダル  例)新世代商品群 吊り式ペダル  例)一般的なFF車  かかとの位置がズレないので、オルガン式アクセルペダルはアクセルから ブレーキへの踏み替え時に余計な負担がかからず、より自然に踏み替えることができます。オルガン式ペダル  例)新世代商品群 吊り式ペダル  例)一般的なFF車 「アクセルとブレーキの踏み間違い」の防止にも効果があります。 例えば、駐車時にペダルを踏み間違えた時 輪留めを乗り越えられないように エンジン出力を下げます。  それならば、クルマを完全に止めるために エンジン出力をゼロにした方がいいのでは?と 思われる人もいるかもしれません。  ■エンジン出力をゼロにした場合 踏切内を走行中、踏切のバーを 障害物と認知してしまった場合に、 エンジンがとまったらびっくりしますよね? 万が一に備えて遮断棒を押しのけて、脱出できるエンジン出力を確保してあげなければいけません。 ですからマツダは、エンジンをとめるのではなくエンジン出力を下げるのです。  ■輪留めを乗り越えられないように、エンジンの出力を下げること ■遮断棒を押しのけて、脱出できるようにエンジンの出力を確保してあげること 人の感覚に合った制御をするためには、 この2つを両立させることが鍵なんです。  マツダは、より多くのクルマ利用者が事故を起こすことから守るために、 人が正しく認知・判断・操作をできる技術と、 より多くの先進安全装備の全グレード標準化を推進します。   デミオからアテンザまで、どの車種をお選びいただいても、 同様の先進安全装備が付いてくる、またはお選びいただくことができます。

大切なあなたを守りたいから。

保険について

店休日

リクルート情報

リクルート情報

一緒に皆さまの
カーライフを
輝かせてみませんか?