お知らせ

アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フロントガラス照射タイプ)の効能

2017.1.31

ナビゲーションやエアコンを操作するための視線ナビゲーションやエアコンを操作するための視線移動も一種のわき見。 視線が前方1.5メートル以上であれば、焦点調節時間は急速に短くなります。 マツダの新世代車種では、焦点調節の負担を軽くするため、1.5メートル先に虚像を映し出す「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」技術を取り入れてきました。 新型CX-5では、さらに遠方上方に、より大きく情報を表示できるフロントガラス照射タイプを採用することで、”見るわき見”をさらに減らし、安全に運転できる環境を支援しています。

 

7ad03dc061ba0e1b757d7c15d1f65c7d-1024x717

大切なあなたを守りたいから。

保険について

店休日